ニュース
» 2007年07月31日 21時43分 UPDATE

慶応がSecond Lifeに仮想キャンパス

慶応義塾がSecond Lifeに仮想キャンパスを構築し、遠隔事業の可能性を検討する。村井純教授などが参加し、Second Lifeのユーザー行動などの研究も行う。

[ITmedia]

 慶応義塾と電通は7月31日、Second Lifeに慶応義塾大学の仮想キャンパスを設置すると発表した。Second Lifeを活用した遠隔授業の手法などを模索するほか、環境情報学部の村井純教授などが参加し、Second Lifeのユーザー行動などを研究する。

 電通が構築する「バーチャル東京」内の島(SIM)の1つに「慶応義塾セカンドキャンパス」を構築。教育用の映像コンテンツを利用し、大学の正規科目の講義をSecond Lifeで展開する。Second Lifeでの国内大学の正規科目公開は初という。

 Second Lifeユーザーの行動や経済活動、技術などについての研究も行う。研究には、村井教授のほか、政策・メディア研究科の金子郁容教授、総合政策学部の國領二郎教授なども参加。電通のマーケティング部門なども参加し、研究やキャンパス運営に当たる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -