ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年08月02日 08時04分 UPDATE

ゲーム画面に、現地の天気をリアルタイムで反映――EAの「NCAA Football 08」

EAの大学フットボールゲームでは、吹雪やハリケーンなど、スタジアム所在地の「今の天気」をゲームにも反映する。

[ITmedia]

 米Electronic Artsと気象情報のThe Weather Channel Interactive(TWCI)は8月1日、先に発売したEAのフットボールゲーム「NCAA Football 08」に、現地の天気をリアルタイムで反映する機能を追加したと発表した。

 例えばボストンが吹雪に見舞われれば、ゲーム内のボストン大学スタジアムも雪の中。ハリケーンがフロリダに上陸すれば、ゲーム内のフロリダ大学スタジアムでは、強風が吹き荒れる中でキックやパスを行うことになる。

sample1 雨のサンデビル・スタジアム
sample2 ネブラスカのメモリアル・スタジアムは「ところにより曇り」

 TWCIは、ゲームに登場するスタジアムの所在地の気象データをインターネット経由で提供する。ユーザーは、インターネット経由でゲームをロードするたびに、リアルな天気を反映するか選択することができる。

関連キーワード

天気 | Electronic Arts


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.