ニュース
» 2007年08月07日 08時19分 UPDATE

Nokia、MSのDRM技術「PlayReady」採用

PlayReadyのサポートにより、Nokiaの携帯端末で購入したコンテンツをPCやほかの端末に移して楽しむことが可能になる。

[ITmedia]

 フィンランドNokiaと米Microsoftは8月6日、Nokiaの携帯端末プラットフォームで、MicrosoftのDRM(デジタル権利管理)技術「Microsoft PlayReady」をサポートすると発表した。2008年から、NokiaのS60およびSeries 40端末でPlayReadyが利用できるようになる予定。

 PlayReadyは、Windows Media Audio(WMA)、AAC/AAC+/HE-AAC、Windows Media Video(WMV)、H.264などのフォーマットに対応し、音楽や動画、ゲーム、着信音などのコンテンツをカバー。レンタルや会費制サービスなど、さまざまなビジネスモデルに対応する。ユーザーが購入またはレンタルしたコンテンツは、携帯電話やPCなど、複数の異なる端末で利用できるほか、オフラインでも楽しめる。

 Microsoftは今月初め、携帯端末にPlayReadyを実装するための「PlayReady Client Porting Kit」をリリース。2008年にはPlayReadyを使った初のサービスが登場する見通しだとしている。

関連キーワード

Microsoft | Nokia | DRM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -