ニュース
» 2007年08月11日 11時58分 UPDATE

Google Videoのコンテンツ販売、終了

Google Videoからコンテンツ販売の機能がなくなり、もう1つの動画共有サービスであるYouTubeとの大きな違いがなくなってしまった。

[ITmedia]

 米Googleは、自社のビデオ配信サービスであるGoogle Videoで提供していた、動画コンテンツの販売およびレンタルを8月15日で終了する。同社は動画共有サービスのYouTubeを買収後もGoogle Videoを存続させてきたが、これで両社の違いを明確に示す機能が失われたことになる。

 同社は8月11日、これまでGoogle Videoのコンテンツ販売またはレンタルを利用したユーザーに、8月15日以降は、同サービスで購入またはレンタルした動画の視聴はできなくなるとメールで通知した。2007年7月18日以前に購入されたビデオコンテンツに対する補償として、同社はGoogle Checkoutボーナスを提供するとしている。同社はこの措置の理由として、「すべてのGoogleのサービスを改善するため」と説明している。

 Macintoshユーザーにとって、Google VideoはiTunes Store以外で利用できるほぼ唯一のDRMコンテンツだった。

関連キーワード

Google | 動画共有サービス | YouTube | DRM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -