ニュース
» 2007年08月17日 08時39分 UPDATE

MS、LinuxディストリビューターXandrosとの提携を拡大

XandrosがMicrosoftからプロトコルのライセンス供与を受け、7月に買収したScalixのLinuxベースのグループウェアとMicrosoftのメールとの相互運用性を強化。

[ITmedia]

 米MicrosoftとLinuxディストリビューターの米Xandrosは8月15日、両社の提携関係を拡大することを明らかにした。

 今回の提携は、グループウェア「Scalix」のメールサーバとMicrosoftプロトコルを使用するメールクライアントとの相互運用性向上を目的としており、XandrosはMicrosoftから2種類のプロトコルのライセンスを受ける。

 1つはExchange ActiveSync Protocol。Xandrosは同プロトコルをサーバ側で実装する。これによりMicrosoft Exchangeのユーザーは、Scalixのメール、予定表、アドレス帳、タスクリスト、そのほかのデータにワイヤレスでアクセス可能となる。

 もう1つはOutlook-Exchange Transport Protocol。Xandrosが同プロトコルを実装することで、ScalixのメールサーバとMicrosoftプロトコルを使用するさまざまなメールクライアントとの間でデータの同期ができるようになる。

 Xandrosは7月にScalixを買収。Scalixは日本でも2007年3月に日本語版が提供されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -