ニュース
» 2007年08月17日 10時23分 UPDATE

25周年を迎えたCD、売り上げは2000億枚に

1982年8月17日、Philipsの工場で世界初のCDが作られた。収録されていたのはABBAの「The Visitors」だった。

[ITmedia]

 8月17日は、世界初のCDが作られてからちょうど25年になる。

 世界初のCDは1982年のこの日、ドイツにある蘭Philipsの工場で製造された。当時同社の傘下にあったレコード会社Polygramに所属していたABBAの「The Visitors」のCDだったという。

 CDの一般販売は1982年11月に日本で開始され、クラシック音楽を中心に約150タイトルが提供された。翌年3月には米国と欧州市場にも拡大。それから25年の間に、全世界で2000億枚を超えるCDが販売されたとPhilipsは報告している。これまでに販売されたCDを全部積み上げると、地球を6周する長さになるという。

ah_sinjou_2.jpg 1979年3月、CDを初披露するPhilips CD-Lab責任者

 CD規格はPhilipsとソニーが1979年、新しいデジタルオーディオディスクを目指して開発を開始した。当初は1時間分のオーディオコンテンツが収まる容量を目指していたが、ベートーベンの「交響曲第9番」を収録できるよう、74分に拡大した。

 「音質が優れ、傷に強いCDの発明は音楽業界の技術革命の先駆けとなり、アナログからデジタル音楽技術への転換の始まりとなった」とPhilipsは発表文で述べている。

ah_first_compact_disk.jpg Philips製の世界初CDプレーヤー

関連キーワード

世界初 | オーディオ | ソニー


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -