ニュース
» 2007年08月21日 14時02分 UPDATE

Google、ビデオ購入者への返金方法を変更

Google Videoユーザーから不満があったため、Google Checkoutによる返金からクレジットカードによる返金に変更した。

[ITmedia]

 米Googleは8月20日、「Google Video」のコンテンツ販売終了に伴う返金方法を変更すると発表した。

 同社は当初、Google Videoでビデオを購入したユーザーに、決済サービス「Google Checkout」を介して返金するつもりだった(8月11日の記事参照)。ユーザーが登録した住所やクレジットカード情報が最新の正しいものだという確信がなかったためという。

 だが一部ユーザーが余計な手順がかかるとして反対したため、ビデオを購入したすべてのユーザーに対し、クレジットカードによる全額返金を行うことにしたという。ユーザーのクレジットカード情報を確認次第、返金するとしている。

 既にGoogle Checkoutで返金を受け取っているユーザーもいるが、それは「詫び料」として取っておいて構わないとGoogleは述べている。

 また、Google Videoで購入したビデオは8月15日以降視聴できなくなる予定だったが、もう6カ月間視聴できるようになった。ただし、追加のビデオ購入はできない。

関連キーワード

Google | 動画共有サービス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -