ニュース
» 2007年08月23日 08時13分 UPDATE

Yahoo!、Site Explorerに動的なURL書き換えサポート機能

セッションIDなどの動的パラメータを除いたURLを、検索結果に表示できるようになる。

[ITmedia]

 米Yahoo!は8月21日、同社がサイト運営者向けに提供しているSEO(検索エンジン最適化)ツールのSite Explorerに、新機能「Dynamic URL Rewriting」のβ版を追加したことを明らかにした。サイト運営者はこの機能を使うことで、Yahoo!検索エンジンのクローラーに無視させたい動的なURLパラメーターを指定することができる。

 この機能によって、Yahoo!のクローラーが内容的に重複したURLを巡回する必要性が減り、クローラーの巡回効率が上がる。また、巡回対象サイト内の新コンテンツを見つけやすく、検索対象への登録がしやすくなる。Yahoo!の検索結果に、分かりやすいURLが表示されるようになるという利点もある。

 動的パラメータは、ユーザーセッションを追跡するためのセッションID(sid)、ユーザーがどこからそのページに飛んできたかを追跡するソーストラッカー(src)などとして使用されるが、クローラーは動的パラメータが追加されているページを異なるドキュメントとして識別してしまうため、巡回回数が増えてしまう。Dynamic URL Rewritingを使えば、これらパラメータをURLから削除してリライトするよう指定することができる。

関連キーワード

Yahoo! | RSS | 検索エンジン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -