ニュース
» 2007年08月23日 09時21分 UPDATE

小規模Webラジオ曲向けの著作権料、音楽業界が正式提案

これまでと同じ「売上高の10%あるいは12%」という著作権料率を2010年まで適用する案を、Webラジオ局に提案した。

[ITmedia]

 音楽業界が小規模Webラジオ局から徴収する著作権料について、これまでとほぼ同じ条件を2010年まで続けることを正式に提案した。

 米著作権料徴収団体SoundExchangeは8月22日、2010年まで小規模ラジオ局に対し、同団体加盟社の楽曲を1998年に設定された著作権料率でライセンスすることを申し出た。音楽業界は3月にWebラジオ向け著作権料の値上げを提案し、小規模Webラジオ局はこれに反対していた。

 SoundExchangeの提案では、売上高125万ドル以下のWebラジオ局は、売上高の10%あるいは12%を著作権料として支払う。当初の値上げ案は「1曲当たり、1回流すごとにリスナー1人につき0.14セント」というものだった。

 9月14日までにこの条件で契約しなかったWebラジオ局には、当初の値上げ案の条件が課されると同団体は述べている。

関連キーワード

ラジオ | 著作権 | ネットラジオ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -