ニュース
» 2007年09月08日 08時32分 UPDATE

Ericsson、インド最大の通信企業から13億ドルの契約受注

EricssonはインドBharat Sanchar Nigamに、13億ドル相当のGSMおよびW-CDMA/HSPA機器を提供する。

[ITmedia]

 スウェーデンEricssonは9月7日、インド最大の通信企業Bharat Sanchar Nigam(BSNL)から、総額13億ドルの携帯通信事業向け機器およびサービスを受注したと発表した。BSNLは既存のGSM網を拡張するとともに、W-CDMA/HSPAを導入する計画。

 Ericssonは、Mobile Softswitch Solution、Packet Core、IMS(IP Multimedia Subsystem)、マルチサービスIP Packet Backbone Networkなどを含む、GSMおよびW-CDMA/HSPAの無線アクセスネットワーク、伝送機器、コアネットワークなどを提供。またネットワーク設計、導入、システム統合などの関連サービスも提供する。

 製品納入開始は10月の予定で、12カ月以内に第1フェーズを完了させる計画という。

関連キーワード

Ericsson(エリクソン) | インド


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -