ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月13日 08時47分 UPDATE

MSとSun、戦略提携を拡大

Sunのx64システムへのWindows Server搭載、仮想環境のサポート、IPTV事業での提携などが発表になった。

[ITmedia]

 米Microsoftと米Sun Microsystemsは9月12日、提携内容を拡大すると発表した。具体的には、Sunが自社のx64システムにMicrosoftのWindows Serverをプリインストールして出荷する。Windows Server 2003を搭載したx64システムは、90日以内に出荷される予定という。

 またMicrosoftの仮想環境でSunのSolarisがゲストOSとして動作し、Sunの仮想環境でもWindows ServerがゲストOSとして動作するようにする。

 IPTV事業でも提携を強化する。Microsoft Mediaroom IPTVとマルチメディアプラットフォームの、Sunのサーバおよびストレージシステムへの導入を、世界規模で進めていくことでも合意した。

 また両社は、Microsoft本社のあるワシントン州レドモンドに、「Interoperability Center」を新設する。同センター内には、Windows搭載x64システムの機能測定を行う研究所や実演コーナー、データベースやメッセージング、仮想化などの共同ソリューション開発セクションなどを設ける計画という。

 両社は2004年4月に提携を発表、Webサービスの相互運用やID管理、シンクライエント、システム管理などの分野で共同開発を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -