ニュース
» 2007年09月20日 20時33分 UPDATE

東芝、Cellベースのストリーミングプロセッサ開発

東芝は、Cellの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を開発した。フルHDデコード/エンコードが可能で、1.5GHz動作のサンプルは10ワット台で動作するという。

[ITmedia]

 東芝は9月20日、Cellプロセッサの技術を活用したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を開発したと発表した。量産仕様向けの開発を完了次第、自社向けを含むデジタル民生機器向けに販売する。

 動画映像処理専門のコ・プロセッサ。Cellのプロセッサコア「SPE」(Synergistic Processor Element)4個と、フルHD対応のMPEG-2/H.264のエンコード/デコード専用回路を組み合わせ、Cellと比べ低消費電力で動作する。開発サンプルは、1.5GHz動作で消費電力は10ワット台という。

 サンプルはCEATEC JAPAN 2007(幕張メッセ、10月2日から)で公開する。SpursEngineを搭載したノートPCとカメラを使い、人の顔の向きは表情の実写映像に合わせ、髪型や化粧のCGを合成する3Dシミュレーションを行う。ノートPCでリアルタイムの3D顔認識とシミュレーションが可能なのは同システムが初としている。同プロセッサを搭載した高機能ノートPCのコンセプト展示も行う。

関連キーワード

東芝 | ストリーミング | フルHD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -