ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月26日 09時24分 UPDATE

Vonageに6950万ドルの賠償命令――Sprintとの特許訴訟で

インターネット電話のVonageが、Verizonとの訴訟に続き、Sprintとの訴訟でも特許侵害との評決を受けた。

[ITmedia]

 IP電話サービスの米Vonageは9月25日、米Sprintとの特許訴訟で、カンザス州連邦地裁の陪審団が、Vonageによる特許侵害を認める評決に達したことを明らかにした。Vonageはこれを不服として控訴する意向。

 評決では、VonageがSprintの特許を意図的に侵害したとして、賠償金6950万ドルをSprintに支払うよう命じている。この金額は、Vonageが特許侵害を行ったとされる期間中に得た売り上げの5%に当たるという。

 Vonageは、「当社の技術がSprintの特許とは異なるということを、陪審団が認識しなかったことを残念に思う」とコメント。地裁に評決の破棄を求め、それが認められなかった場合は控訴も検討する考えだ。一方で、Sprintの特許を侵害したとされる部分を修正するための、技術上の回避策も探るとしている。

関連キーワード

特許 | IP電話 | Verizon | Sprint Nextel | 提訴


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.