ニュース
» 2007年10月03日 08時37分 UPDATE

ソニーとQimonda、カスタムDRAM設計の合弁会社設立

ソニーとQimondaが、ゲームや家電機器向けのカスタムDRAM設計会社を新設する。

[ITmedia]

 ソニーとメモリサプライヤーの独Qimondaは10月2日、ゲーム機器および民生用AV機器向けに、カスタムDRAMの設計を行う新会社を設立することで合意したと発表した。

 新会社「Qreatic Design」の拠点は品川となる。資本金は8000万円。出資比率はソニーが50%、Qimondaが50%で、2007年12月設立を予定。会長にはQimondaの最高執行責任者トーマス・ザイフェルト氏、社長にはソニー半導体事業本部LSI事業部事業部長付の柏木豪氏が就任する。従業員数は両社からの出向者で30人程度になる見込みという。

 新会社はソニーおよびQimondaからカスタムDRAM設計を受託する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -