ニュース
» 2007年10月10日 08時30分 UPDATE

BitTorrent、ハイブリッドP2P技術をメディア企業などに提供

コンテンツ配信サービス「BitTorrent DNA」は、従来の配信インフラとP2Pの「ハイブリッド化」を可能にする商用サービス。

[ITmedia]

 P2Pファイル共有サービスの米BitTorrentは10月9日、コンテンツ配信サービス「BitTorrent DNA(Delivery Network Accelarator)」の提供開始を発表した。P2P技術を商用サービスとしてメディア企業などに提供するもので、インターネットテレビの米BrightcoveがBitTorrent DNAの採用を決めている。

 既存のインターネットインフラは「過度に中央に集中」している、とBitTorrent。コンテンツの増加に伴い、回線容量などの問題から「ダウンロード速度の遅さ、途切れがちな動画、ネットワークインフラの非効率な利用」といった課題を抱えていると指摘する。

 BitTorrent DNAでは、従来の配信技術とP2P技術の「ハイブリッド」を可能にすることで、こうした課題に対処。映画全編やゲーム、ソフトウェアといった大容量ファイルの高速ダウンロードを可能にし、テレビ放送品質の動画配信も容易になるという。コンテンツ配信速度の改善だけでなく、回線使用量およびコストの削減にもつながるとしている。

関連キーワード

P2P | 動画配信


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -