ニュース
» 2007年10月10日 17時07分 UPDATE

Wiiがカラオケに 「JOYSOUND Wii」来春登場

Wiiが家庭用カラオケになる──エクシングとハドソンが「JOYSOUND Wii」を発表。曲はWii用ソフトのダウンロード販売サービス「Wii ウェア」を活用して曲を配信する。

[ITmedia]

 エクシングとハドソンは10月10日、任天堂「Wii」で家庭用カラオケを楽しめる「JOYSOUND Wii」(仮称)を2008年春をめどに発売すると発表した。

 任天堂が来年3月にスタートする予定のWii向けソフトダウンロード販売サービス「Wii ウェア」を通じ、業務用カラオケサービス「JOYSOUND」をほぼそのまま家庭で楽しめるようにするという。

 曲などはダウンロードで提供。J-POPを中心に演歌や子ども向けの歌など、家族で楽しめる曲を配信していく。随時最新曲も追加し、同年中には業務用機器と同レベルの曲の搭載を目指すとしている。

 料金は未定だが、「低価格で提供予定」としており、月額料金を支払えば歌い放題になる定額制か、1曲ごとの購入を選択可能にする予定。

 採点機能や歌唱指導、パーティーゲームなども楽しめる。業務用カラオケ機器と連動させ、「カラオケボックスと家庭のカラオケをシームレスに相互で楽しめるサービス」も開発中という。

 専用USBマイクは別売り。エントリー向けに、USBマイクと数十曲入りのディスクを同梱したパッケージ版も発売する予定。

 カラオケ人口の減少を受け、カラオケ各社はネットを活用した新サービスを打ち出している。

関連キーワード

カラオケ | Wii | ハドソン | 任天堂


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -