ニュース
» 2007年10月16日 21時08分 UPDATE

Winnyネットワークから消えるファイル

一度Winnyで流出したファイルはWinnyネットワーク上に永久に残るとも言われてきたが、ファイルによっては消滅するケースもあることがネットエージェントの調べで分かった。

[ITmedia]

 Winnyネットワーク上に流出したファイルでも、時間が経つと消える場合がある──ネットエージェントは10月16日、Winnyで流出したファイルの推移について調べた結果をまとめた。一度流出したファイルは同ネットワーク上に永久に残るとも言われてきたが、ファイルによっては消滅するケースもあることが分かったという。

photo 消えたファイルの推移

 ウイルスに感染するなどして流出したファイルについて、ハッシュ値などのユニーク情報を使って所有者数をカウントしたところ、流出ファイルの所有者が継続してゼロ、つまりネットワーク上から消滅したケースが見つかったという。

 Winnyでは、アップロードフォルダからファイルを削除するだけではなく、ファイルをダウンロードしたユーザーのキャッシュフォルダから該当ファイルを削除しない限り、ネットワークからは消えない仕組みになっている。新たなダウンロード成功者が出る前に、ダウンロード完了者がキャッシュを手動で削除すれば、ネットワーク上からは消えることになる。

 同社によると、オリジナルファイルか完全キャッシュファイルが消滅すると、約1500秒でWinnyネットワーク上では存在しなくなり、その後は検索してもファイルを見つけられなくなるという。

 流出ファイルについて掲示板に情報が書き込まれたり、ニュース報道などがあるとファイル所有者が増え、長期にわたって共有される傾向もあったという。

関連キーワード

Winny | ネットエージェント | 情報流出


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -