ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月17日 15時23分 UPDATE

三洋、半導体事業は売却断念 「独自再建」へ

三洋電機は売却交渉を進めてきた半導体事業を独自再建すると発表した。買収ファンドと金額などで折り合わず、売却を断念した。

[ITmedia]

 経営再建中の三洋電機は10月17日、半導体事業は独自で再建すると発表した。買収ファンドのアドバンテッジパートナーズと売却交渉を続けてきたが、金額などで折り合わず、売却を断念した。

三洋電機の株価チャート三洋電機の株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 米国のサブプライムローン問題の影響でアドバンテッジの資金調達が難航し、三洋が見込んでいた価格での売却が難しくなったとみられる。

 三洋電機広報ユニットは「半導体事業は06年度は営業黒字に転じ、07年度も黒字を見込んでいる。財務状況も健全化してきているため、独自で再建していけると判断した」としている。事業再建の詳細については今後発表する。

 三洋は経営再建に向けた事業整理を進めており、06年に半導体事業を分社化。10月11日には、携帯電話事業を京セラに売却すると発表した

関連キーワード

半導体 | 三洋電機 | 買収


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.