ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年10月22日 07時05分 UPDATE

Firefoxのセキュリティアップデート公開、Leopardもサポート

Firefox 2.0.0.8は計8件の脆弱性に対処。Mac OS X「Leopard」のサポートも盛り込まれた。

[ITmedia]

 Mozillaは10月19日、Firefoxブラウザのアップデート版をリリースした。複数の脆弱性に対処するとともに、次世代Mac OS X「Leopard」のサポートも盛り込まれている。

 Firefox 2.0.0.8は計8件の脆弱性に対処した。Mozillaの危険度評価で最もリスクが高いのはこのうち2件。「Scriptオブジェクトを使ったXPCNativeWraperポリューション」の脆弱性では、例えば右クリックでコンテキストメニューを開くことにより、攻撃用のJavaScriptがユーザーと同じ権限で実行される恐れがある。

 もう1つの「メモリ破損によるクラッシュ」の脆弱性は、悪用されると任意のコードを実行される可能性がある。

画像

 このほかInternet Explorer(IE)7がインストールされたWindows XPのURI処理問題についても、追加的対処が盛り込まれた。

 脆弱性の一部はMozillaのThunderbird 2.0とSeaMonkeyにも影響する。SeaMonkeyは19日、問題を修正したバージョン1.1.5が公開されている。

関連キーワード

Firefox | Leopard | Mozilla | Thunderbird | Windows XP


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.