ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月25日 08時31分 UPDATE

GmailがIMAPアクセス対応に

Googleが、GmailにIMAP機能を追加。PCやスマートフォンなど、複数のメールクライアントからアクセスしても、既読/未読などを同じ状態に保てるようになる。

[ITmedia]

 米Googleは10月24日、同社のWebメールサービス「Gmail」へのIMAP機能の追加を発表した。今後数日にわたり、対応ユーザー数を順次拡大していくという。

 POPではメールをサーバからメールクライアントにダウンロードして管理するが、IMAPではメールの管理はサーバ上で行うため、複数のメールクライアントから利用しても一元管理が可能。Gmailでは既にPOPアクセスを提供していたが、IMAP機能を追加することで、PCやスマートフォンなど、異なるクライアントからアクセスしても、メールの既読/未読やフォルダ構成などを同じ状態に保つことが可能になった。

 IMAP機能の利用は無料。Gmailの「Settings」の「Forwarding and POP/IMAP」から設定できる。

関連キーワード

Gmail | Google | Webメール


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.