ニュース
» 2007年10月25日 17時10分 UPDATE

任天堂、さらに上方修正 「DSテレビ」は11月発売

6月に業績見通しを上方修正した任天堂が再び上方修正。経常益は前期比59%増の4600億円になる見通し。DS用ワンセグアダプタ「DSテレビ」は11月20日発売する。

[ITmedia]

 任天堂は10月25日、2007年3月期の連結業績予想を修正し、経常利益が4600億円になる見通しだと発表した。6月に上方修正した予想からさらに500億円増え、前期比では59%増になる見通し。

任天堂の株価チャート任天堂の株価チャート(1年:縦軸の単位は1000円)

 ニンテンドーDSとWiiの販売が好調。想定為替レートを1ドル118円から115円に見直した一方、1ユーロ155円を160円に変更した。

 修正後予想は、売上高は1兆5500億円(前回予想は1兆4000億円)、営業利益は4200億円(同3700億円)、純利益は2750億円(同2450億円)。期末配当予想も130円引き上げ、950円とする。年間では1090円(前期は690円)。

 同日発表した9月中間期の連結決算は、売上高が6948億円(前年同期比132.5%増)、経常利益が2153億円(同127.5%増)だった。

 ニンテンドーDSは中間期で1355万台を販売した上、「ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」を海外でも発売し、同期中に695万本(累計1217万本)を売り上げた。ソフト販売は合計7550万本(74%増)だった。

 Wiiの販売台数は733万台(累計1317万台)。「マリオパーティ8」が289万本に達し、中間期のソフト販売は合計3697万本だった。

photo

 同日、ニンテンドーDS用ワンセグ受信アダプタ「DSテレビ」を11月20日に発売すると発表した。スロットに差し込めばワンセグを視聴でき、画面を見ながらメモをするなど、DSならではの機能も盛り込んだ。6800円で、販売は同社Webサイトからのみ。11月8日から予約を受け付ける。

関連キーワード

任天堂 | 上方修正 | Wii | ニンテンドーDS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -