ニュース
» 2007年11月02日 09時41分 UPDATE

GoogleとCisco、国連と共同で貧困撲滅プロジェクト情報サイトを立ち上げ

「MDG Monitor」では、Google Earthなどを使って世界の貧困の撲滅や教育の普及といった目標に向けての各国の進捗状況を確認できる。

[ITmedia]

 国際連合(国連)と米Google、米Cisco Systemsは11月1日、「ミレニアム開発目標(MDG)」の達成に向けた進捗状況を確認できるWebサイト「MDG Monitor」を共同で立ち上げた。

 MDGは、極度の貧困と飢餓の撲滅や、初等教育の普及、男女平等、環境保護など8つの項目についての目標値で、2000年に189カ国が合意。2015年までの達成を目指しているが、合意からほぼ8年が過ぎた今でも、10億人近くの人々が1日1ドル以下で生活し、毎年600万人の子供が5歳を迎える前に栄養失調で死亡している状況で、目標達成には至っていない。

 MDG Monitorは、各項目における目標値や関連ニュースなどの情報を提供。また、世界中のほとんどの国について、目標達成に向けての進捗状況を、地図やGoogle Earthを使って確認できるようになっており、Google Earthからは、国連の関連データにも数クリックでアクセス可能。こうした情報は、MDG Monitorサイトからダウンロードできるほか、Google Earthの「Global Awareness」レイヤーとしても近日中に登場予定。

un

 サイトの開発に当たって、Ciscoは技術面および資金面でのサポートを行った。

 国連事務総長のパン・ギムン氏は、「(MDGの)目標に到達することは、政府や国際機関、民間企業、市民の協力が必要な、まさにグローバルな課題」とし、「MDG Monitorの立ち上げは、われわれに必要な革新的な提携の一例。GoogleとCiscoに感謝したい」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -