ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年11月07日 08時43分 UPDATE

音楽サービスPandoraがSNS機能を導入

同じジャンルの音楽が好きなユーザーを表示したり、友だちの好きな音楽を知ることができる。

[ITmedia]

 米Pandora Mediaは11月6日、音楽サービス「Pandora」に新機能「Pandora Extras」を追加すると発表した。

 Pandora Extrasは4種類の機能で構成されている。「Now Playing」は、再生中の楽曲やアルバム、アーティストに関する情報が取得できる。また同じジャンルの楽曲やアーティストを推薦してくれるほか、同じ音楽が好きなPandoraユーザーを表示する。

 「Friends」は、Pandoraを利用している友だちにタブを付け、その友だちが好きな音楽を知ることができる機能。Webメールのアドレス帳をインポートすれば、Pandoraを使っている友だちを即座に見つけることができる。

 「Genre Stations」はジャンル別に分かれた100局以上の局が配信する曲をサンプルで少しずつ聞き、新たにお気に入りの局が見つけられるようにする。「Pandora Presents」では、Pandoraが提供するポッドキャストやビデオを視聴できる。

 また新機能追加とともに、アルバムやアーティスト、楽曲のページにコメントがつけられるようにしたという。

 Pandoraの音楽再生サービスは、日本からはアクセスできない。

関連キーワード

SNS | 音楽配信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.