ニュース
» 2007年11月09日 14時52分 UPDATE

国立天文台にNEC「SX-9」+4コアOpteronの複合型スーパーコンピュータ

国立天文台が、NEC「SX-9」とクアッドコアOpteronを採用したCray「XT4」によるベクトル+スカラー複合型スーパーコンピュータを構築し、銀河形成シミュレーションに活用する。

[ITmedia]

 NECとクレイ・ジャパンは11月9日、国立天文台からスーパーコンピュータシステムシステムを受注したと発表した。NECの「SX-9」と、クアッドコアOpteronを搭載したクレイ「XT4」で構成する、ベクトル+スカラー複合型。計算機上に宇宙を再現し、銀河の形成過程をシミュレーションで解明する。

 システムは、SX-9を2ノード(20CPU、最大ベクトル性能2.0TFLOPS)と、クアッドコアOpteronを740CPU搭載したXT4(最大26TFLOPS)で構成。クアッドコアOpteronを搭載した大型スーパーコンピュータは国内初の受注という。

 両社は「SX-9の高い実効性能と、XT4の並列実行性能が評価された」としている。国立天文台の牧野淳一郎天文シミュレーションプロジェクト長は「これまでの50倍の計算能力を日本の天文学研究に利用できるようになった」とコメントしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -