ニュース
» 2007年11月12日 10時55分 UPDATE

Intel、45nmプロセッサ「Penryn」発表

Intel共同創設者のゴードン・ムーア氏は「40年間で最大のトランジスタの進歩」と呼んでいる。

[ITmedia]

 米Intelは11月11日、45ナノメートル(nm)製造プロセスを採用した同社初のプロセッサを発表した。

 このプロセッサはコードネームで「Penryn」と呼ばれていたもので、サーバプロセッサ「Xeon」およびハイエンドPC向けプロセッサ「Core 2 Extreme」ファミリーに合計で16種投入される。

 これらプロセッサは初めて45nm製造プロセスを採用し、性能を強化するとともに電力効率を高めた。プロセッサに集積できるトランジスタの数はこれまでの65nmプロセッサの約2倍で、クアッドコアプロセッサ1個当たり最大8億2000万個となる。また、ハフニウムを使ったhigh-k金属ゲートを初めてトランジスタに採用、これらの新技術を組み合わせて従来よりもプロセッサのサイズを25%縮小したとIntelは述べている。さらに自然環境に配慮して鉛を排除、2008年にはハロゲン素材も排除するという。

 新しいデスクトップ向けのクアッドコアプロセッサ「Intel Core 2 Extreme QX9650」は、ハードコアゲーマーやマルチメディア愛好家向け。従来よりもL2キャッシュの容量を拡大し、新しいマルチメディア命令セット「Intel SSE4」をサポートする。

 サーバ向けの新Xeon 5400シリーズでは、デュアルコア・クアッドコアモデルを15種投入する。従来の5300シリーズに比べてワット当たり性能は38%向上し、SSE4をサポートするという。クアッドコアプロセッサは12種で、クロックスピードは2.0G〜3.20GHz、フロントサイドバス(FSB)は最高1600MHz、キャッシサイズュは12Mバイト。デュアルコアプロセッサ3種は、クロックスピードは最高3.40GHzで、FSBは最高1600MHz、キャッシュサイズは6Mバイト。Intel 5000チップセットを使っているサーバプラットフォームに対応する。

 このほかIntelは「Intel 5400」チップセット(コードネーム「Stoakley」)、「Intel 5100 Memory Controller Hub」チップセット、「Intel ICH-9R I/O」コントローラ(コードネーム「Cranberry Lake」)、「Intel 3200」チップセットベースプラットフォーム(コードネーム「Garlow」)も発表した。

 価格は新Xeonが177〜1279ドル、Core 2 Extreme QX9650が999ドル(いずれも1000個ロット時)。提供開始の時期は、モデルにもよるが45日以内という。

関連キーワード

Intel | Intel対AMD | Penryn | Xeon


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -