ニュース
» 2007年11月13日 08時17分 UPDATE

スーパーコンピュータTop500、引き続きIBMが首位

1位は前回に続きIBMのBlueGene/Lで、LINPACKベンチマークスコアを478.2TFLOPSに大幅アップ。東工大のTSUBAMEは16位だった。

[ITmedia]

 スーパーコンピュータの世界番付で、今回も米IBMがトップを維持――。高性能コンピューティングの国際会議SC07で11月12日、スーパーコンピュータの性能ランキング「Top500」リストが発表された。上位10位のうち半数を新システムが占めた。

 首位は、米エネルギー省ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)のIBM BlueGene/L。2004年11月のランキング以来首位を維持しているが、システム拡張により性能アップ。LINPACKベンチマークスコアは478.2TFLOPSで、6月発表の前回ランキング時の280.6TFLOPSを大きく上回った。

 2位から5位までは新システムが続く。2位は独Forschungszentrum Juelichに導入されたIBM BlueGene/P(167.3TFLOPS)。3位は米ニューメキシコに新設されたNew Mexico Computing Applications CenterのシステムSGI Altix ICE 8200で、126.9TFLOPS。4位は、インドのComputational Research Laboratoriesに納入された米Hewlett-Packard(HP)のCluster Platform 3000 BL460c(117.9TFLOPS)で、インド初のトップ10入りとなった。5位もHPのCluster Platform 3000 BL460c(102.8TFLOPS)で、スウェーデンの政府機関が所有している。

スーパーコンピュータTop500トップ10
順位 設置場所 コンピュータ ベンダー LINPACK(TFLOPS)
1 Lawrence Livermore National Laboratory(米国) BlueGene/L IBM 478.2
2 Forschungszentrum Juelich(ドイツ) BlueGene/P IBM 167.3
3 New Mexico Computing Applications Center(米国) Altix ICE 8200 SGI 126.9
4 Computational Research Laboratories(インド) Cluster Platform 3000 BL460c HP 117.9
5 政府機関(スウェーデン) Cluster Platform 3000 BL460c HP 102.8
6 NNSA/Sandia National Laboratories(米国) Red Storm Cray XT3 Cray 102.2
7 Oak Ridge National Laboratory(米国) Jaguar Cray XT4/XT3 Cray 101.7
8 IBM Thomas J. Watson Research Center(米国) BGW IBM 91.3
9 National Energy Research Scientific Computing Center(米国) Franklin Cray XT4 Cray 85.4
10 Stony Brook/BNL, New York Center for Computational Sciences(米国) New York Blue IBM 82.2

 日本勢では、東京工業大学のOpteronサーバ「TSUBAME Grid Cluster」(56.43TFLOPS)が16位に入ったのが最高(前回は14位)。NECの地球シミュレータは30位(35.86TFLOPS、前回は20位)だった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -