ニュース
» 2007年11月21日 08時52分 UPDATE

「年末ショッピングにオンライン利用」は74%――米調査

ネットユーザーの74%が年末ショッピングの少なくとも一部をオンラインで行い、26%は、予算の半額以上をオンラインでの買い物に充てる予定だ。

[ITmedia]

 米AOLが11月20日、年末のオンラインショッピングに関する調査報告を発表した。インターネット利用者の4分の3以上が、昨年以上に買い物にオンラインを活用する予定だという。調査はAOLの委託を受け、調査会社の米Zogby Interactiveが米国の20都市で行った。

 回答者の74%が年末ショッピングの少なくとも一部をオンラインで行うと回答。26%は、予算の半額以上をオンラインでの買い物に充てる予定だという。オンラインで購入するアイテムは、「本、音楽、映画」が首位で57%、以下「洋服、靴、アクセサリー」(32%)、「ギフトカード」(23%)と続く。

 オンラインで買い物をする理由としては、回答者の70%以上が「利便性と時間の節約」と回答。その他、「比較ショッピングが簡単」(40%)、「無料配送」(35%)、「地元の店舗で入手できない商品を購入できる」(35%)などが主な理由として挙がっている。

 また、回答者の3分の1以上が、昨年に比べて予算を減らす計画であることも判明した。主な理由は「昨年より収入が減った」が28%、「経済全般への懸念」が25%、「エネルギー価格の上昇」が19%など。予算は、500ドル未満との回答が45%以上を占め、1000ドル以上との回答は16%にとどまった。

関連キーワード

AOL | クリスマス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -