ニュース
» 2007年11月21日 15時57分 UPDATE

次世代DVD、購入したいメーカー1位はソニー

日本ブランド戦略研究所がまとめたアンケート調査によると、次世代DVD機器で購入したいメーカーはソニーが51%でトップだった。

[ITmedia]
photo 各メーカーのイメージ(資料より)

 日本ブランド戦略研究所は11月21日、次世代DVD機器の購入意向などを調べたアンケート調査の結果を公表した。購入したいメーカー(複数回答)はソニーが51%でトップだった。

 調査は11月2〜3日、全国の30〜40代の男性を対象にネットで実施した。

 購入したいメーカーの2位はパナソニック(松下電器産業)で44%、3位はシャープの24%と、薄型テレビの大手メーカーでかつBlu-ray Disc陣営が上位を占めた。4位はHD DVDを推進する東芝で19%、5位はパイオニアと、「当てはまるブランドがない」がそれぞれ16%だった。

 購入メーカーの選択に最も影響している要素は画質の良さだった。画質が良いと思うメーカーをたずねる質問でも、ソニーが57%でトップ。2位はパナソニックで45%、3位はシャープで27%と、購入意向と同じ結果になった。

 日本ブランド戦略研究所は「薄型テレビの宣伝効果が次世代DVDのイメージにも影響していると言えそうだ」と分析している。

関連キーワード

ブランド戦略 | 次世代DVD | ソニー | Blu-ray | HD DVD


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -