ニュース
» 2007年11月29日 08時51分 UPDATE

「友達から届いたYouTubeビデオ」に要注意、人気便乗スパム相次ぐ

YouTubeビデオに見せかけたリンクをクリックすると、悪質な実行可能ファイルがダウンロードされる。

[ITmedia]

 YouTubeビデオに見せかけたリンクでユーザーをだまし、悪質サイトに誘導するスパムが見つかった。セキュリティ企業のSymantecが11月28日のブログで伝えている。

 Symantecによると、問題のスパムは差出人に「YouTube Service」の名を使ってYouTubeから届いた正規メールのように見せかけてあり、「Your friend sent you a video!」(友達から届いたビデオです)という件名が付いている。

画像 ビデオ閲覧を促すスパム。うっかりリンクを開くと……(Symantecより)

 本文には当たり障りのないビデオの説明が記載され、YouTubeへのリンクに見せかけた共有ビデオファイルを開くよう仕向ける。ユーザーがリンクをクリックすると、「install_flash_player.exe」という悪質な実行可能ファイルがダウンロードされ実行される。

 YouTubeに見せかけた偽サイトは、「.li」「.ch」「.es」など、通常見かけないドメインが付いているのが特徴だという。

 YouTubeは人気に便乗してスパムなどで悪用されることも多くなり、Symantecによれば、性機能改善薬の宣伝やもうけ話をうたったスパムでもYouTubeの名がかたられているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -