ニュース
» 2007年11月30日 08時50分 UPDATE

FBIがボットネット摘発作戦で8人を起訴 被害総額は2000万ドル超

FBIが「ボット丸焼き作戦」の成果を発表。リーダーと見られる人物の家宅捜索も行ったという。

[ITmedia]

 米連邦捜査局(FBI)は11月29日、ボットネット摘発のための「Operation Bot Roast」(ボット丸焼き作戦)第2段の成果として、これまでに8人を起訴したと発表した。

 FBIが6月に発表したBot Roast作戦では、ボットネット関連犯罪に関与した罪で8人が起訴されて罪を認めたり、実刑判決を言い渡されているという。

 これまでの調べで判明した被害総額は2000万ドル以上、被害に遭ったコンピュータは100万台を超すとしている。

 捜査は現在も続いており、FBIは今週、ニュージーランドの当局と協力して、「AKILL」を名乗る人物の家宅捜索を行った。FBIではAKILLが、100万台以上のコンピュータに感染したボットネットコード作成のエリート集団を率いる人物だと見ている。

関連キーワード

ボットネット


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -