ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年12月03日 09時00分 UPDATE

オートチャージ機能付きPASMO、発売枚数50万枚を突破

[Business Media 誠]

 PASMO協議会とパスモは11月29日、サービスを開始したオートチャージサービス機能付きPASMOの発売枚数が、11月26日に50万枚を突破したと発表した。

 PASMOオートチャージサービスは、駅の自動改札にPASMOをタッチしたとき、残高が2000円以下だと自動的に3000円チャージされるサービスで、パスモが発行する「Pastownカード」ほか、交通事業者系のクレジットカードのユーザーのみ利用できる。サービスを利用するには、引き落とし先の対応クレジットカード会社が発行するオートチャージ機能付きPASMOが必要で、駅で販売されている一般のPASMOでは利用できない(別記事参照)

 オートチャージ機能付きPASMOは2月3日から受付を開始し、PASMOのサービス開始と同じ、3月18日から利用が可能になったが、4月13日から9月28日まで新規発行の受付を停止していた(別記事参照)

 なおSuicaでも、JR東日本が発行するクレジットカード「VIEWカード」との一体型でのみ、オートチャージ機能を利用することができる。「オートチャージ機能付きSuicaの枚数はとくに発表していないが、2006年12月21日付けで約10万人という数字を発表したのが最後」(JR東日本広報部)

関連キーワード

PASMO | Suica


Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.