ニュース
» 2007年12月14日 08時50分 UPDATE

Opera、「MSが独禁法違反」と欧州委員会に申し立て

WindowsとIEの抱き合わせや、IEがオープンなWeb標準に準拠していないことが問題だとしている。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは12月13日、米MicrosoftのWebブラウザInternet Explorer(IE)の提供が独禁法に違反しているとして、欧州委員会に苦情を申し立てたことを明らかにした。

 Operaは、MicrosoftがWindowsとIEの抱き合わせ販売によって、独占的立場を不正利用していると主張。また、IEがオープンなWeb標準に準拠しておらず、相互運用性を阻んでいることも問題だとしている。Operaは「消費者に真の選択肢を提供するため」、欧州委員会に対し、MicrosoftにWindowsとIEの抱き合わせをやめさせること、ほかのブラウザをプリインストールして販売させること、さらにMicrosoftをオープンWeb標準に準拠させることなどを求めている。

 Operaは「当社は、消費者個人の選択の自由の推進と、オープンなWeb標準やプラットフォームを越えたイノベーションを提唱している」とし、「当社はすべての消費者に代わって提訴した」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -