ニュース
» 2007年12月17日 14時11分 UPDATE

「自分をググったことがある」人は47%――米団体調査

定期的に自分を検索しているネットユーザーはわずか3%で、大半はオンラインに自分の情報がどれだけ出回っているか心配していない。

[ITmedia]

 自分の情報をネットで検索したことがあるネットユーザーは約半数――非営利団体Pew Internet & American Life Projectが12月16日、このような調査結果を発表した。

 この調査は2006年12月に、約2300人の米国の成人(うちネットユーザーは約1600人)を対象に電話で行ったもの。それによると、自分の情報をネットで検索したことがあるインターネットユーザーは47%と、2002年の調査時の22%よりも増えた。ただし、そのうち定期的に自分の名前を検索している人はわずか3%で、7割以上は1回か2回の検索にとどまっている。

 ブログや写真共有サイト、動画投稿サイト、SNSなどで個人の情報が露出する機会が多くなっているものの、大半のネットユーザーはどんな個人情報がネットに出回っているかを知らないようだ。オンラインで電子メールアドレスや自宅住所、電話番号、勤務先を調べられると回答したのは約3分の1。写真や所属団体、署名入りの執筆物、政治的所属、携帯電話番号、ビデオがオンラインで手に入ると考えているユーザーはもっと少なかった。だが専門家によると、実際には、ほとんどの人についてこうした情報の多くがWebやオンラインデータベースで入手できるという。

 どんな個人情報が出回っているのか知らないためか、60%のネットユーザーは、オンラインに自分の情報がどれだけ載っているか心配していないと答えた。自分に関するオンライン情報を制限する手段を取っていると回答したのは38%だった。

 また、個人的な知り合いや仕事上の知り合いについてオンラインで検索したことのあるネットユーザーは53%に上った。検索したものは、連絡先が72%、仕事に関する情報が37%、SNSのプロファイルが33%、写真が31%、不動産取引や離婚手続き、破産歴などの公的記録が31%だった。

 検索した相手では、「連絡が取れなくなった昔の知り合い」が36%と最も多く、友人が26%、家族が23%、同僚や仕事のライバルが19%、近所の人が17%、会ったばかりの人やこれから会う人が12%、雇おうと思っている人が11%、交際相手が9%だった。

 「ノスタルジーは多くのネットユーザーの検索の動機になっているようだ。最も多い検索相手は昔の友人や恋人、元同僚など過去の知り合いだ。これは、インターネットに社会的関係を再開、再生する力があることを強く示している」と調査報告書の共同著者スザンナ・フォックス氏は述べている。

関連キーワード

検索 | ブログ | SNS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -