ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2008年02月01日 18時16分 UPDATE

5倍高速なNAND型フラッシュ、IntelとMicronが発表

新しい高速NANDをハイブリッドHDDに採用すれば、従来のHDDより2〜4倍高速にデータを転送できるとIntelとMicronは述べている。

[ITmedia]

 米Intelと米Micron Technologyは2月1日、従来よりも5倍高速なNAND型フラッシュメモリ技術を発表した。

 この技術は両社が共同開発したもので、両社の合弁企業IM Flash Technologies(IMFT)が製造に当たる。読み込み速度は最高で200Mバイト/秒、書き込み速度は最高で100Mバイト/秒。NANDフラッシュ推進団体Open NAND Flash Interface(ONFi)の新しい仕様と4プレーン型アーキテクチャを採用したことで高速化を実現したという。従来のシングルレベルセルのNANDフラッシュは、読み込み40Mバイト/秒、書き込み20Mバイト/秒。

 この新しい高速NANDを、例えばハイブリッドHDDに採用した場合、従来のHDDよりも2〜4倍高速にデータを読み込み、書き込みできると両社は述べている。また策定中のUSB 3.0仕様と併用すればさらなる高速化が可能だとしている。USB 3.0は現行のUSB 2.0の10倍の転送速度を目指している

関連キーワード

NAND | Intel | フラッシュメモリ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.