ニュース
» 2008年02月05日 10時49分 UPDATE

「Windows Vista SP1」と「Windows Server 2008」、製造工程向けに出荷

Microsoftが、Windows Vista SP1とWindows Server 2008を製造工程向けにリリース。VistaのSP1は3月にダウンロード提供が始まる。

[ITmedia]

 米Microsoftは2月4日、Windows Vista Service Pack1(SP1)の製造工程向けリリース(RTM)を発表した。第1弾となるのは、英語、日本語など5カ国語バージョン。Microsoftサイトでのダウンロード提供は3月から。SP1をプリインストールしたPCは数カ月以内に市場に出回る見通し。ボリュームライセンスを結んだ企業顧客向けのSP1 DVDの製造も開始されている。

 Vistaユーザーは、3月半ばにWindows Updateおよび同社サイトのダウンロードセンターからWindows Vista SP1をダウンロード可能となる。4月半ばには、自動アップデートを選択しているユーザーに対してアップデートが行われる予定。初回リリース言語(英語、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語)以外のバージョンについては、RTMを4月に予定している。

 Microsoftは同日、Windows Server 2008のRTMも発表。ボリュームライセンス顧客に対し、2月27日のローンチイベントの一環として提供を開始した後、3月1日には新規顧客にも提供を開始する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -