ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2008年02月15日 18時35分 UPDATE

IBM、環境破壊から惑星を救うオンラインゲームを開発

環境破壊が進んでいる架空の惑星「Helios」を救うゲームを通じて、工学や環境問題への意識を高めることを目指している。

[ITmedia]

 米IBMは2月15日、工学や環境問題への意識を高めることを目指した3Dマルチプレイヤーオンラインゲーム「PowerUp」を立ち上げた。

ah_pu1.jpg

 このゲームでは、プレイヤーは環境破壊が進んでいる架空の惑星「Helios」を救う使命を持つ。岩山に太陽発電装置を作ったり、風力発電のタービンを修理するためにがらくたの山で部品を探したりするミッションを通じて、プレイヤーが工学原理を学ぶ手助けをすることが目的だとIBMは述べている。

 PowerUpはWindows 98、Me、XP、Vistaに対応し、PowerUpサイトから無料でダウンロードできる。

 このゲームはIBMの「TryScience(Web科学博物館)」イニシアチブの一環として開発された。

ah_pu2.jpg

関連キーワード

IBM | オンラインゲーム | 環境保護


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.