ニュース
» 2008年02月20日 08時40分 UPDATE

MSとアルパイン、クロスライセンス契約を締結

Microsoftとアルパインが、カーナビなどの車載電子機器開発での協力関係を強化する。

[ITmedia]

 米Microsoftとアルパインは2月18日、特許クロスライセンス契約を締結したと発表した。カーナビゲーションシステムおよび家電製品の分野における、情報交換や特許取得済み技術の共有を促進することが目的という。

 アルパインは2002年から、同社のナビゲーションシステムにMicrosoftの車載電子機器用OS「Windows Automotive」を採用している。

 今回の契約に関し、金額は発表されていないが、アルパインがMicrosoftの特許にライセンス料を支払うとされている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -