ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年02月22日 12時37分 UPDATE

Google、医療記録アクセスサービスの実験開始

自分の医療データをオンラインでいつでも参照できるサービスの運用実験が、米Cleveland Clinicで始まった。

[ITmedia]

 米Googleと米Cleveland Clinicは2月20日、同病院の電子医療データシステムにGoogleプラットフォームを統合したサービスの運用実験を開始したことを明らかにした。患者が自分の電子医療記録(PHR)にアクセスできる同病院のシステム「eCleveland Clinic MyChart」に、Googleのアカウントを使ってアクセスできるようにしたもの。実験への参加は招待制で、1500人から1万人の参加を予定しているという。

 今回の実験では、薬の処方、病状、アレルギーの有無などを含む患者の電子データを、Googleアカウントにインポートし、病院側と患者がデータを共有できるようにする。最終的な目標は、患者が複数の医師や医療サービスプロバイダー、薬局とオンラインでやりとりできるようにすること。また将来的には、患者が自分の医療データを、ほかの医療施設へ持っていくことも可能になるという。

 システムが完成すれば、患者は自分の医療データに、いつでもどこからでもアクセスし、管理できるようになるとしている。

関連キーワード

医療 | Google | プライバシー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.