ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月04日 08時43分 UPDATE

MS、Vistoとの特許訴訟で和解

Vistoの携帯メール関連特許3件をめぐる訴訟で、両社が和解に達した。

[ITmedia]

 携帯電話のメールサービスを手掛ける米Vistoは3月3日、米Microsoftと係争中の特許訴訟で和解し、ライセンス契約を締結することで合意に達したと発表した。和解の金銭的条件は非公開。両社は、この訴訟に関するすべての申し立てを取り下げる。

 この訴訟は、Microsoftが携帯メールに関するVistoの特許3件を侵害したとして、Vistoが2005年12月に起こしていたもの。Vistoは「この和解は、Vistoの特許ポートフォリオの正当性をさらに裏付けるもの」としている。

 Vistoのモバイルサービスは、携帯通信事業者を通じて各国で提供されており、AT&Tやソフトバンク、Vodafone、Sprint-Nextelなどの大手が利用している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.