ニュース
» 2008年03月05日 08時44分 UPDATE

iPodでトレーニングの進捗管理――「Nike+iPod」がスポーツジムに

この夏、Nike+iPod対応のトレーニングマシンがジムにお目見え。iPodに記録したトレーニング記録を専用サイトにアップして、進捗管理に役立てることができる。

[ITmedia]

 米Nikeと米Appleは3月4日、この夏から世界中のスポーツジムで「Nike+iPod」を展開する計画を発表した。Nike+iPodは、NikeのスポーツウェアなどとiPodを連動させる製品ライン。靴内蔵のセンサーを使って走行時間や距離、消費カロリーなどを記録する「Nike+iPod Sport Kit」などが既に発売されている。

 今回の発表は、「ジョギングを改革した」Nike+iPodを、スポーツジムにも展開するというもの。iPod nanoを、トレーニング開始時にトレッドミルやサイクリングマシンなどに接続すると、トレーニングの進捗を自動的に記録できるほか、そのiPodをPCに接続し、iTunes経由でNikeサイトに記録をアップロードできる。同サイトでは、設定した目標に対する進捗を確認したり、友人やほかのメンバーと記録を競うことができるという。

nike 自分の記録をアップロードできるNike+サイト

 両社は現在、Life FitnessやPrecor、Star Trac、Technogymなどのジム用機器メーカーと協力し、Nike+iPod対応のトレーニングマシンの開発を行っている。この夏には、米国の24 Hour Fitnessや、各国のVirgin Active Health ClubsのスポーツジムでNike+iPodが利用できるようになる予定。

関連キーワード

iPod | Apple | iPod nano | iTunes


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -