ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年03月06日 08時50分 UPDATE

AT&T、今年10億ドルの投資を計画――日本への海底光ケーブル新設なども

国際的な通信トラフィック急増に対応するため、AT&Tが、前年比33%増、2006年比で倍増という大規模な投資計画を発表した。

[ITmedia]

 米AT&Tは3月5日、国際的なネットワーク増強のため、2008年に10億ドルを投資する計画を発表した。この額は前年比33%増、2006年の2倍以上に相当する大規模なものだという。

 同社は、今回の投資計画を「企業が扱うデータや音声、動画トラフィックの爆発的な増加に伴う、IPネットワークやサービスへの需要」に対処するものだとしている。同社では2007年第4四半期(10〜12月期)に、前年同期比でホスティング収入が19%、企業IPデータサービスは20.9%、VPN収入が31%増えている。

 計画には、日本やアジアへの海底光ファイバーケーブルの新設や、欧州、アジア、米国でのMPLS(Multi Protocol Label Switching)コアルータの新規導入、日本を含む各国でのMPLSベースのIPネットワークアクセスノード新設が含まれる。また、インドや東欧、南米といった新興国へのネットワーク拡張や、世界各国での仮想プライベートLANサービス展開によるイーサネット対応強化、データセンターのホスティング容量の増強なども予定されている。

関連キーワード

AT&T | 光ファイバー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.