ニュース
» 2008年03月07日 18時43分 UPDATE

NGN活用の「ひかりTV」は3月31日から 地デジ再送信も

NTT東西のNGNや光回線を通じて提供するテレビ向け映像配信サービス「ひかりTV」が3月31日に始まる。NGN向けには、地デジ放送のIP再送信も行う。

[ITmedia]
画像 ひかりTVのホーム画面イメージ

 NTTぷららとアイキャストは3月7日、テレビ向け映像配信サービス「ひかりTV」を3月31日に始めると発表した。NTT東西のNGN(次世代ネットワーク)サービスや光回線を通じ、セットトップボックス(STB)経由で映像を配信する。NGN向けには、地上デジタル放送のIP再送信も行う予定だ。

 ひかりTVは「OCNシアター」「オンデマンドTV」「4th MEDIA」といったNTTグループ企業が提供するテレビ向け映像配信サービスを統合した新サービス。ビデオオンデマンド(VOD)と多チャンネル放送を提供する。

 NTT東西のNGNサービス「フレッツ光ネクスト」と、NTT東日本の光回線「Bフレッツ」、NTT西日本の光回線「フレッツ・光プレミアム」「Bフレッツ」を通じて配信する。

 サービス開始時、VOD作品は7000本以上、多チャンネル放送は75チャンネルを用意する。H.264にも対応した。NGN回線向けには、放送事業者の同意を得た上で、地上デジタル放送のIP再送信を始める予定だ。

 7月までにVOD作品を1万本に拡大するほか、今夏をめどにカラオケサービスも始める予定。ハイビジョン対応のコンテンツも増やしていく。価格は初期費用が5250円、VOD作品と多チャンネル放送の見放題プランが3675円など。3月10日から申し込みを受け付ける。

画像 ひかりTVのキャラクターは「愛らしくて知恵がある」という理由で猿に。ロゴはひかりTVの「ひ」をデザインした

 OCNシアター、オンデマンドTV、4th MEDIAは6月末に終了する予定。会員には郵便などでひかりTVへの移行を呼びかける。

 昨年12月末時点で、OCNシアター、オンデマンドTV、4th MEDIAの会員数は合わせて25万。ひかりTVでは、2008年度は48万、10年度は110万の会員の獲得を見込む。

 NTTぷららの坂東浩二社長は「損益分岐点は90万会員と考えている。毎年20〜30万会員を増やし、3年以内に100万を突破したい。10年には、ひかりTV会員のうちNGNサービスを利用している人がかなりの割合になるのでは」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -