ニュース
» 2008年03月18日 07時50分 UPDATE

Excelで計算間違い、3月の月例パッチが原因に

3月の月例パッチを適用後、Excelの計算結果に違いが出る不具合が報告されている。

[ITmedia]

 Microsoftが3月の月例更新プログラムでリリースしたパッチが原因となり、Excelの計算結果に違いが出る不具合が報告されている。セキュリティ対策センター(MSRC)のブログなどで明らかにした。

 問題になっているのは日本時間で12日に公開された「MS08-014」のパッチで、影響を受けるのはExcel 2003 SP2とSP3。ユーザーが定義したVisual Basic for Applications(いわゆるマクロ)でReal Time Data (RTD) Sourceを使っている場合に計算違いが出ることがある。

 Microsoftはこの不具合についてMS08-014のセキュリティ情報に追記するとともに、修正のためのフィックスの開発を進めており、テストを完了後に公開する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -