ニュース
» 2008年03月18日 08時01分 UPDATE

Apple、802.11n対応の新AirMac Expressの提供開始

「AirMac Express」に新モデルが登場。次世代規格IEEE 802.11nに対応し、通信速度は最大5倍に。価格は1万1800円。

[ITmedia]
yu_airport.jpg

 米Appleは3月17日、無線LANベースステーションAirMac Expressの新モデルを発表した。無線LANの次世代規格「IEEE 802.11n」ドラフトに対応し、前モデルに比べて最大5倍の通信速度、2倍の通信範囲を実現したという。価格は99ドル(日本での価格は1万1800円)で、Apple Storeなどで同日発売した。

 AirMac Expressは、電源コンセントに直接差し込んで使える「世界最小の802.11n対応ベースステーション」で、iTunesの楽曲をオーディオシステムで再生できるAirTunes機能を装備する。802.11a/b/g/n準拠のWi-Fi対応デバイスに対応し、最大10ユーザーでDSLやケーブルブロードバンド接続を同時に共有できるほか、USB接続のプリンタとのワイヤレス接続も可能。

 AirMac Expressの新モデルの登場により、AirMacの全製品が802.11n対応となる。

関連キーワード

IEEE 802.11n | Apple | 無線LAN | iTunes | Wi-Fi


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -