ニュース
» 2008年03月21日 15時20分 UPDATE

検索語からブログに自動でタグ付け&人気記事抽出する「thatsping」

Webページやブログの検索語と、アクセスしたユーザーの滞在時間を関連付け、検索語について長く読まれた記事を人気記事として共有できるサービス「thatsping」(ザッピング)が公開された。

[ITmedia]
画像

 リクルート子会社のブログウォッチャーは3月21日、Webページやブログの検索語と、アクセスしたユーザーの滞在時間を関連付け、検索語について長く読まれた記事を人気記事として共有できるサービス「thatsping」(ザッピング)を公開した。

 ブログやWebページに専用のJavaScriptタグを貼り付ければ利用でき、ユーザー登録などは不要。各ページにどんな検索語からアクセスしてきたかを記録してタグ化し、検索語(タグ)ごとのユーザー滞在時間(60秒まで。60秒以上は60秒と表示)を記録する。

 それぞれのタグについて滞在時間の長いページを「人気のエントリー」と判断し、サービスのトップページにランキング形式で表示する。人気のタグ(検索数が多いキーワード)も、サービストップページ上に表示。クリックすると、同じタグが付いている(同じ検索語で検索されている)ブログやWebページを一覧表示する。それぞれの検索語で検索したユーザーが、各ページにどれぐらい滞在したかも表示する。

 「どんな検索ワードでこのブログにたどりついたのか」「どれぐらいブログを読んでくれたのか」といった疑問に応えられるサービスとして開発した。今後は、タグを自分のブログ上に表示できるブログパーツを公開する予定だ。

関連キーワード

検索 | ブログ | タグ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -