ニュース
» 2008年03月22日 08時10分 UPDATE

IBMの「Lotus Expeditor」でモバイル向けWeb2.0アプリが開発可能に

Eclipseベースの開発プラットフォーム「Lotus Expeditor」が機能拡張。携帯端末上でソーシャルネットワーキングやマッシュアップなどのWeb2.0アプリが同時に動作可能になる。

[ITmedia]

 米IBMは3月20日、Eclipseベースのサーバ管理型クライアントプラットフォームの最新版「IBM Lotus Expeditor 6.1.2」を発表した。PCだけでなく、携帯端末向けにもWeb2.0アプリケーションを開発できるようになった。

 開発者は異なるソースからの情報を組み合わせ、携帯端末向けの新しいアプリケーションやサービスを開発することができる。これにより、ユーザーはソーシャルネットワーキングやマッシュアップなどのWebアプリケーションを、各種の携帯端末上で同時に動作させることができるようになるという。Lotus Expeditorは、Eclipseの組み込み向けプラットフォームembedded Rich Client Platform(eRCP)を採用している。

 米Sprint Nextelは、Lotus Expeditorを基盤とする新しいソフトウェアプラットフォーム「Sprint Titan」のβ版を、アプリケーション開発コミュニティー向けに提供している。これにより開発者は、Eclipse開発フレームワークを使ったビジネスアプリケーションを、Windows Mobile 6搭載のスマートフォン向けに開発可能になったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -