ニュース
» 2008年04月04日 08時12分 UPDATE

QuickTimeの新版公開、11件の脆弱性に対処

QuickTime 7.4.5ではQuickTimeムービーの処理やPICT画像処理などに関する11件の脆弱性に対処した。

[ITmedia]

 米Appleは4月2日、11件のセキュリティ問題に対処したメディア再生ソフトの最新版「QuickTime 7.4.5」を公開した。

 Appleのアドバイザリーによると、QuickTime 7.4.5ではQuickTimeムービーの処理やPICT画像処理などに関する11件の脆弱性に対処した。悪用されると細工を施したムービーファイルを閲覧させて任意のコードを実行できてしまうなど、深刻な脆弱性が多数含まれる。

 OSはMac OS X 10.3.9/10.4.9/10.5およびそれ以降のバージョンで、Windows Vista/XP SP2が対象となる。

 アップデートはMac OS Xではアップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」経由で、Windows版は同社のソフトウェアアップデートページで入手できる。

関連キーワード

Apple | QuickTime | 脆弱性 | パッチ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -