ニュース
» 2008年04月10日 08時26分 UPDATE

「MSNのSNS」装う偽サイトが出現

騙す側にとってSNSは獲物をおびき寄せる格好の手段になっているとTrend Micro。

[ITmedia]

 ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)人気の高まりに伴い、SNSがフィッシング詐欺に利用されるケースが増えている。米MicrosoftのインターネットサービスMSNのユーザーを標的に、「MSNのSNS」をかたった偽サイトも現れた。

msnsns.jpg MSNのサービスを名乗った偽サイト(Trend Microブログから)

 セキュリティ企業Trend Microのブログによると、この偽サイトはMSNアカウントへのログインページに見せかけて、メールアドレスやパスワードなどの情報を入力させようとする。

 MSNの公式なSNSプラットフォームは「Windows Live Spaces」(MSN Spaces)だとTrend Microは指摘。SNSユーザーが着実に増える中、騙す側にとってSNSは獲物をおびき寄せる格好の手段になっていると解説している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -