ニュース
» 2008年04月10日 10時43分 UPDATE

ボットネットの迷惑メール送信容量は1日1000億通

SecureWorksのランキングによると、ボットネットの首位は「Srizbi」。Krakenの別名で騒がれている「Bobax」は2位だった。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSecureWorksは、ユーザーのマシンを制御してネットワークを構築し、大量の迷惑メールを送信しているボットネットのランキングを発表した。現在稼働中の主要ボットネットをすべて合わせると、1日当たり1000億通の迷惑メールを送信できる容量があるという。

 SecureWorksは主要ボットネットについて、制御しているマシンの数と、スパム送信容量を比較した。その結果、首位に立ったのは「Srizbi」というボットネットで、制御しているマシンの数は推定31万5000台、送信可能な迷惑メールは1日当たり600億通だった。

 2位の「Bobax」はKrakenという別名でここ数日騒がれているボットネット。制御マシン18万5000台、送信可能な迷惑メールは90億通。SecureWorksによれば、このボットの関連マルウェアはかなり以前から出回っており、Oderoor、Cotmonger、Hacktool.Spammerなどさまざまな別名で呼ばれている。

 次々に新しい手口を繰り出しているStormは衰退傾向にあり、制御マシン数8万5000台(うち迷惑メールを送信しているのは3万5000台のみ)、送信可能メール3億通で、ランキングでは5位にとどまった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -