ニュース
» 2008年04月15日 08時13分 UPDATE

Google Earthの「KML」がオープン標準に

Google Earthなどに使われている地理情報マークアップ言語「KML」が、オープンスタンダードとして認定された。

[ITmedia]

 Open Geospatial Consortium(OGC)は4月14日、地理空間情報を記述するマークアップ言語「Keyhole Markup Language」(KML)を、国際標準として認定したと発表した。KMLは、Google Earth用に開発された、地理情報を記述するためのファイルフォーマット。Googleは、KMLがOGC標準となったことで、より多くの位置情報コンテンツがオンラインで利用しやすくなると期待している。

 KMLは、Google Earthのほか、Google Mapsなどにも利用されており、既に何千万ものKMLファイルがオンライン上で公開されているという。MicrosoftのWindows Live Mapsの最新版も、KMLファイルに対応している

 OGCは、地理空間関連技術の標準化などを行う国際コンソーシアムで、企業や政府機関、大学など345の組織が参加。KMLのOGC標準化に伴い、今後のKMLの維持や管理は、Googleに代わりOGCが行うことになる。

関連キーワード

Google | Google Earth | 標準 | Google Maps | 地図


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -